日本は、夏はジメジメ・乾燥していると思いがちですよね?

しかし、そんな認識が覆った事がわかったので紹介したいと思います。

え?実際に夏はジメジメしてるでしょ!冬は乾燥する季節ってみんな言っているよ!って声が聞こえてきそうですけど、私自身もこの前までそう思っていたのでしかたありません。

実際は冬の乾燥する地域とそうではない地域に分かれるのをご存知ですか?

もっと詳しく説明していきたいと思います。

冬が乾燥するのはなぜ?

冬になると日本海側からシベリアの湿っていて冷たい風がきます。水分をたくさん含んでいるため、気温が低くなることによって雪に変わり日本海側では雪が降ります。その後、山を越える際に水分が抜けて乾いた風として太平洋に抜けていくのです。つまり、日本海側ではそこまで乾燥する地域が無いという事ですね。ただ、冬は気温も下がることで、空気中にある水分がなかなか蒸発しません。そのことも影響あると言えます。

夏に湿度が高い原因とは?!

では、夏はどうでしょう。夏も冬同様に湿度が高い地域と、そうでもない地域と別れるのかっていわれたらまた違うんです。

夏になると太平洋の南の方から湿った暖かい風がやってきます。その風が日本を包み込んでしまうのです。つまり、日本全体が暑く湿った状態になります。外国人の方には日本の夏はキツイって話をよく聞きますよね。日本の地形がそのような状態を引き起こしているのです。また、夏は台風もよくやってきます。台風による大雨が地面に降り注ぎ、その水分が夏の暑さで蒸発する事によって湿度が上がる原因にも繋がります。

飛行機内の乾燥は酷い?!

乾燥が酷い場所はたくさんありますよね。年間通してネットカフェなんかは鼻が痛くなるぐらい乾燥しています。その中でも飛行機内の乾燥は酷いみたいなんです。

飛行機内の湿度は20度以下!乾燥している場所で有名な砂漠が20~25度なのも視野に入れても飛行機内の湿度の低さがわかります。

CAさんのネットでの書き込みを見ると、飛行機内で濡れたマスクをしていても1時間でカピカピに乾燥してしまうとか・・・。あまりにも乾燥が酷いので朝晩のスキンケアだけでは保湿が困難でミストなどで常時保湿しているみたいなのです。

凄い乾燥ですよね。旅行などで飛行機に乗る際には保湿も考えて乗らないといけないですよね。特に長期フライの時は注意が必要です。